読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でっていう。

ラクガキしたりぼやいたり。

もうしわけ

f:id:hati-mitu:20130304110826j:plain

みなさまこんにちは!4日もすぎちゃったけど

もう3月ですね!←

ごめんなさいってばぁ…5勤の最後の二日間は

ほんっとうに死んだ魚の目をしてました。5勤はきついっすわ先輩!

 

今年のひな祭りは、ひな人形も飾りませんでした((

まあ、もう今年で二十歳になるヨッシーさんだから

今更お祝いすることでもないんだけどね~はははっ

桜餅くらい食べたかったぜぇ…

でも、シンヒカの絵が描けて僕、満足。

二人はあんまり乗り気でないけど、レイジさんが

二人を、お内裏様とお雛様の格好させる気満々だった

ということにしておこう(`・ω・´)ふっ

 

レイジ「二人ともちょっとおいでよー!」

シンジ・ヒカリ「?」

レイジ「今日、何の日か知ってる?」

ヒカリ「もちろん!ひな祭りですよね!」

シンジ「…」←気づいてなかった

レイジ「正解ー!そこで、ヒカリくんをお祝いしてあげようと

思ったんだけど…」

ヒカリ「ほんとですかー!わぁ~嬉しいっ」

レイジ「でもね、肝心のひな人形がないんだ。ほら…

うちはオレもシンジも男だから…」

ヒカリ「あ、そか…」

レイジ「そ・こ・で!」

シンジ「…」←嫌な予感しかしない

レイジ「二人にお内裏様とお雛様をやってもらおうと思ry

シンジだが断る!!」

ヒカリ「私だって嫌よぉー!!」

レイジ「ひ、ひどいよ二人とも…この衣装はお兄ちゃんが

頑張って何日も徹夜して二人のために作ったのに…!!」

シンジ「うそつけ」

ヒカリ「…そうだったんですか…それなら仕方ない!私、着ます!」

シンジ「…は?」

ヒカリ「ほらシンジも!兄孝行しなきゃだめでしょ!」

シンジ「何言ってんだお前」

ヒカリ「何よ!なんだったら、シンジが私のスカートの中

実は覗いたことあるってこと皆にばらしちゃうんだから!!」

シンジ「やめろ!!それはお前の思い違いだ!」

レイジ「…え?スカートがなんだって?」

ヒカリ「なんでもないですぅ!着替えてきますね!」

シンジ「結局着るのか…」

レイジ「二人ともありがとうー!…オレって演技派…!」

 

…なんでヒカリちゃんがシンジと一緒にいるかって?

そりゃあもう私の中では二人は一緒に旅してることに

なってるからs((黙

今頃どこかで再会して、成り行きで一緒にいるってシンジてる!

…という勝手な妄想←

 

では久々の投稿なうえに妄想酷くてさーせんっした

今日は夜、出かけてきます。

それまで家でだらだらしてよう(笑

( ´ ▽ ` )ノんちゃ